前へ
次へ

不動産登記を行う際のきまり

不動産登記は原則自分で行わなければいけないということになっています。
しかし自分で行わなければいけないということを知らない人はとても多いです。
全て専門家に任せて終了時のその報告を受けるという程度に考えているかもしれません。
自分で行わなければいけないということを司法書士なども知らない、という場合もあるそうです。
本来であれば法律の専門家なので所有者本人が不動産登記を行わなければいけない、ということは分かっている必要があります。
しかし書類の作成を行うことが仕事なので、当たり前のように仕事を受けて報酬を得るという流れになってしまいます。
依頼があったのに自分でやってください、と突き返すことはできません。
ですから、原則自分で行わなければいけないということを伝え、司法書士などはそのお手伝いをするという程度に考えておくとよいでしょう。
そうすることによって、最終的には自分で手続きをしたという達成感も得ることが出来るでしょう。

Page Top