前へ
次へ

家の取引には、不動産登記手続が必要です

サラリーマンが、人生の目標にしているものに、マイホームを持つことが上げられます。
一国一城の主としての夢がそこにあります。
いろいろな物件を探して、念願のマイホームを検討するとします。
そうなると、いろいろな要件や費用が必要になります。
まずは、そのマイホーム資金をどうやって、捻出するかです。
住宅金融公庫から借り入りや、自分の属している年金等から、借入出来る限度額を算定して貰います。
所得、頭金の有無、借入返済計画など、参考に購入できるマイホームである不動産が決まって来ます。
もちろん、その他に、マイホームの場所など、現状の生活スタイルとの考慮も必要になります。
その上で、銀行や公庫からの借入りには、金銭消費貸借契約と抵当権設定の等の必要な法律手続きがあります。
その上で、名義を変更するなどの、所有権移転等が発生します。
これらも、不動産登記法に基づく法律手続きが必要になって、初めてマイホームが購入出来ます。
その為にも、不動産登記に掛かる費用等も、マイホームに掛かる必要な経費として、予算の中に算定しておく必要があります。

Page Top