前へ
次へ

不動産登記の表題部と権利部

土地や建物を買ったり売ったりしたとき必要になるのが不動産登記という手続きです。
不動産登記は表題部と権利部というパーツに分かれており、表題部の登記は法律で義務づけられています。
建物を新築したときなど、所有者本人が一ヶ月以内に表題部の登記を行う必要があります。
もしこれを行わないと10万円以下の罰金を取られてしまいますので気をつけましょう。
しかし、権利部の登記は義務ではないので、必ずしもする必要はありません。
しかし権利部にはその名の通り権利関係の記載をするので、自分の不動産を守るために登記手続きをしておくのが安心です。
所有権、抵当権や甲乙など法律用語が使われていて素人は気後れしがちですが、特に難しいことはありません。
どうしても法律用語がわからない、不安だ、という人は司法書士などの専門家にお金を払って代行してもらうこともできます。
しかし何十万もかかることなので、自分で調べたりわからなければ法務局に問い合わせたりして自力で済ませたい手続きです。

Page Top