前へ
次へ

分譲マンションの不動産登記は、少し複雑

不動産登記には、どの不動産かを法務局が管理するために、家屋番号と地番と呼ばれる番号が存在します。
この番号は、住所として生活上使われている番号とは異なります。
土地と建物は、権利が分かれており、不動産としては別々ですが、家屋番号と土地を管理するための番号である地番は、同じ番号を付けるのが原則です。
ただし、分譲マンションなどは、各々の分かれた部屋にそれぞれの不動産価値があり、家屋番号も、更に分けて必要とするでしょう。
この番号の付け方は、不動産登記法に定められた付け方では無く、分譲マンションによって付け方に違いがあるのです。
例えば、順番に売れた順から番号が付けられている場合もあれば、階事の順番でつけられている場合もあるのです。
購入した部屋の番号が、順番だと思い込んでいれば、不動産登記する際に登記できなくなる可能性もあり、家屋番号についてしっかりと確認しておくのも大切です。
専門家は、この様な案件も多くこなしているため、専門家を通して不動産登記されると良いでしょう。

Page Top