前へ
次へ

不動産登記法と言う法律が、存在します

人の買物の中で、一番高価な買物は、マイホームなどの不動産でしょう。
自動車などの高額商品に次いで、大きな金額を必要とする一生に何度もない買物です。
万が一にも、失敗はあってはいけません。
その為に、マイホーム購入には、いろいろと前提調査が必要です。
大抵は、不動屋さんが売買取引に介入するにあたって、調査をしてくれています。
また、不動産の売買は、法律手続きですから、司法書士などの専門家の関与が必要になります。
ただ、個人間での不動産売買であっても、仲介業書がいる不動産でも、不動産の買いには、注意が必要です。
不動産登記法の登記簿に記載のある方が、所有者である可能性もそうでない可能性もあります。
登記簿に所有者であっても、売買の不動産の所有者でないことが多いのです。
これが、専門家の必要な理由の一つです。
その為の専門家の調査が必要になります。
また、不動産登記手続きと言う法律手続きが必要な理由がここにあります。
登記制度の盲点と言うべき落とし穴が、不動産取引には介在します。
その為の法律が必要です。

Page Top