前へ
次へ

不動産登記の必要性を知っておく

不動産登記はなぜ必要なのか、その理由を知らない人もかなり多いようです。
不動産物件の所有者を明らかにしておくことによって、区画整理などがあった場合には売却をすることになります。
土地など不動産は勝手の処分をすることができませんし、所有者の許可なく建物を建てたり、道路などを作ることができません。
所定の手続きを取らなければいけないことになっています。
不動産登記を行っておくことによって財産の管理を行うことができる、ということにも繋がります。
もしかしたら遺産相続の際に親族も知らない土地があって、故人が所有をしていたので相続の対象になるという可能性もあります。
それも不動産登記を行っているからこそ分かることです。
どの物件、土地が誰のものなのかということが明らかになっていれば、何かあった時にも連絡をすることができますし、財産の管理にもつながるということがあるので、不動産を所有している場合には登記は必ず必要です。

Page Top