前へ
次へ

不動産登記の名義変更にかかる費用

不動産登記の名義変更にかかる費用はどのくらいのものなのでしょうか。
不動産は地域の法務局で登録管理がなされていますが不動産登記と称されています。
例えば所有者が変わったとすればその地域の法務局にお出かけしていき、名義変更の手続きをする必要があります。
少し前の話ですがこの名義変更には長い時間がかかりました。
今は違います。
全てのデータが電算化されていますので、法務局での事務処理はとても素早くなっています。
昔のように事務所で何時間も待たされるということはなくなりました。
不動産の所有権が移転した時に行う手続きは所有権移転登記と呼ばれています。
女性は結婚すると名前が変わりますが、このような時にも所有権移転登記が必要となります。
そのおおよその費用なんですが様々な理由により変わってきます。
例えば不動産の売買があります。
それから不動産の贈与があります。
さらに不動産の相続というものがあります。
それらの場合に応じて費用が細かく定められているということです。

Page Top